共用試験ナビ-年度一覧 > 第4版 共用試験の概要 > 歯学系CBT-公開問題  
 
歯学系CBT-公開問題
 
CBT公開問題【歯学系】

○医学系、歯学系とも問題形式別の例題を提示してあります。
歯学系
  単純5肢択一問題(ブロック1〜4に出題) : 2例題(1×2設問)
  多選択肢2連問(ブロック5に出題) : 1例題(2設問)

・同一テーマについて、連続する2つの設問(設問1/2〜2/2、質問文の内容は異なる)に共通の多くの解答選択肢が用意されています。
 順次解答2連問(ブロック5に出題) : 1例題(2設問)
・同一の症例について、関連する2つの設問(設問1/2〜2/2)が連続しています。各設問の解答選択肢(5個)が異なります。
 多選択肢4連問(ブロック6に出題) : 1例題(4設問)
・同一テーマについて、連続する4つの設問(設問1/4〜4/4、質問文の内容は異なる)に共通の多くの解答選択肢が用意されています。
 順次解答4連問(ブロック6に出題) : 1例題(4設問)
・同一の症例について、関連する4つの設問(設問1/4〜4/4)が連続しています。各設問の解答選択肢(5個)が異なります。
○現在、ホームページに掲載する公開問題数の増加に向けて準備を進めています。

単純5肢択一問題 例題1
1週間前に頬部を打撲し、内出血を起こした部位に変色をきたした。病変部の上皮下の病理組織像(強拡大)を示す。
組織内に散在する褐色の顆粒はどれか。 公開問題-図
A. メラニン
B. アミロイド
C. リポフスチン
D. ヘモジデリン
E. ケラトヒアリン
  正答 D

単純5肢択一問題 例題2
7歳の女児。上顎正中の空隙を主訴に来院した。初診時の口腔内写真とエックス線写真を示す。
適切な対応はどれか。 公開問題-図
A. 経過観察
B. 筋機能療法
C. 小帯切除
D. 上顎側切歯部の保隙処置
E. 矯正装置による空隙の閉鎖
  正答 A

多選択肢2連問 例題(設問1/2)
テーマ : 細菌の形態
細菌のグラム染色像を示す。
公開問題-図
考えられるのはどれか。

A. クロストリジウム
B. コリネバクテリウム
C. スタフィロコッカス
D. トレポネーマ
E. バシラス
F. フソバクテリウム
G. プレボテラ
H. ポルフィロモナス
I. マイコプラズマ
J. ラクトバシラス

  正答 C

多選択肢2連問 例題(設問2/2)
テーマ : 細菌の形態
細菌のグラム染色像を示す。
公開問題-図
考えられるのはどれか。

A. クロストリジウム
B. コリネバクテリウム
C. スタフィロコッカス
D. トレポネーマ
E. バシラス
F. フソバクテリウム
G. プレボテラ
H. ポルフィロモナス
I. マイコプラズマ
J. ラクトバシラス

  正答 F

順次解答2連問 例題(設問1/2)
26歳の女性。 」 の破折を主訴に来院した。審美歯冠修復処置を行うことにした。補綴物の製作過程で、口腔内に試適後の製作物を作業用模型上に戻した。製作中の一過程を写真に示す。
製作するのはどれか。 公開問題-図
A. 全部鋳造冠
B. 陶材焼付鋳造冠
C. 硬質レジン前装鋳造冠
D. 陶材ジャケットクラウン
E. 硬質レジンジャケットクラウン
  正答 B

順次解答2連問 例題(設問2/2)
26歳の女性。」の破折を主訴に来院した。審美歯冠修復処置を行うことにした。補綴物の製作過程で、口腔内に試適後の製作物を作業用模型上に戻した。製作の一過程を写真に示す。金合金を用い、陶材焼付鋳造冠のメタルフレームを製作した。
陶材の焼付け強さを高くする金属元素はどれか。 公開問題-図
A. Au
B. Pd
C. Ag
D. Sn
E. Pt
  正答 D

多選択肢4連問 例題(設問1/4)
テーマ : 歯肉の腫脹
48歳の男性。 」頬側歯肉の膨隆を主訴に来院した。数年前から気付いていたが、大きさと形に変化がないので放置していたという。自発痛と圧痛はなく、骨様硬である。初診時のエックス線写真と口腔内写真を示す。
最も疑われるのはどれか。
A. 黒色腫
B. 血管腫
C. 歯牙腫
D. 骨隆起
E. 白板症
F. 埋伏歯
G. 粘液嚢胞
H. 歯槽膿瘍
I. 歯根嚢胞
J. 辺縁性歯周炎
K. 増殖性歯肉炎
公開問題-図
  正答 D

多選択肢4連問 例題(設問2/4)
テーマ : 歯肉の腫脹
44歳の女性。下顎前歯部歯肉の腫脹を主訴に来院した。数年前から腫脹に気付いていたが放置していたという。 2+2の歯周ポケットは 6〜8 mmであった。初診時の口腔内写真とエックス線写真を示す。
最も疑われるのはどれか。
A. 黒色腫
B. 血管腫
C. 歯牙腫
D. 骨隆起
E. 白板症
F. 埋伏歯
G. 粘液嚢胞
H. 歯槽膿瘍
I. 歯根嚢胞
J. 辺縁性歯周炎
K. 増殖性歯肉炎
公開問題-図
  正答 J

多選択肢4連問 例題(設問3/4)
テーマ : 歯肉の腫脹
17歳の女子。「6頬側歯肉の腫脹を主訴に来院した。数日前から腫脹してきたという。自発痛はないが打診痛があり、波動を触知し圧痛が認められる。ポケット深さは 2 mm で、歯髄電気診で生活反応を示さなかった。治療中の口腔内写真(ミラー像)とエックス線写真を示す。
最も疑われるのはどれか。
A. 黒色腫
B. 血管腫
C. 歯牙腫
D. 骨隆起
E. 白板症
F. 埋伏歯
G. 粘液嚢胞
H. 歯槽膿瘍
I. 歯根嚢胞
J. 辺縁性歯周炎
K. 増殖性歯肉炎
公開問題-図
  正答 H

多選択肢4連問 例題(設問4/4)
テーマ : 歯肉の腫脹
52歳の女性。上顎前歯部歯肉の腫脹を主訴に来院した。数年前から腫脹に気付いていたが放置していたという。6年前から高血圧症で降圧剤を服用している。発赤はみられず弾性硬で、歯周ポケットは 3 oであった。初診時の口腔内写真とエックス線写真を示す。
最も疑われるのはどれか。 公開問題-図
A. 黒色腫
B. 血管腫
C. 歯牙腫
D. 骨隆起
E. 白板症
F. 埋伏歯
G. 粘液嚢胞
H. 歯槽膿瘍
I. 歯根嚢胞
J. 辺縁性歯周炎
K. 増殖性歯肉炎
  正答 K

順次解答4連問 例題(設問1/4)
28歳の男性。下顎左側部の疼痛と腫脹を主訴に来院した。5日前に下顎左側大臼歯部に違和感が出現し、2日前から嚥下痛が強く、全身倦怠感もあるという。腫脹部には波動を触知しない。開口量は 15 mm、体温は 37.9 ℃であった。初診時の顔貌写真とエックス線写真を示す。
予想される血液検査の結果はどれか。 公開問題-図
A. ALPの上昇
B. CRPの低下
C. 核の右方移動
D. 赤沈の遅延
E. 白血球数の増加
  正答 E

順次解答4連問 例題(設問2/4)
28 歳の男性。下顎左側部の疼痛と腫脹を主訴に来院した。5 日前に下顎左側大臼歯部に違和感が出現し、2 日前から嚥下痛が強く、全身倦怠感もあるという。腫脹部には波動を触知しない。開口量は 15 o、体温は 37.9 ℃であった。初診時の顔貌写真とエックス線写真を示す。
検査の結果、白血球数は 11,000/μl と上昇していた。 疑われる疾患はどれか。 公開問題-図
A. 歯肉癌
B. 頬部膿瘍
C. 智歯周囲炎
D. 歯性上顎洞炎
E. 慢性硬化性骨髄炎
  正答 C

順次解答4連問 例題(設問3/4)
28歳の男性。下顎左側部の疼痛と腫脹を主訴に来院した。5日前に下顎左側大臼歯部に違和感が出現し、2日前から嚥下痛が強く、全身倦怠感もあるという。腫脹部には波動を触知しない。開口量は15o、体温は37.9℃であった。初診時の顔貌写真とエックス線写真を示す。検査の結果、白血球数は 11,000 /μlと上昇していた。下顎左側智歯周囲炎と診断した。
最初に行う対応はどれか。 公開問題-図
A. 温罨法
B. 開口訓練
C. 切開・排膿
D. 抗菌薬の投与
E. 原因歯の抜去
  正答 D

順次解答4連問 例題(設問4/4)
28 歳の男性。下顎左側部の疼痛と腫脹を主訴に来院した。5日前に下顎左側大臼歯部に違和感が出現し、2日前から嚥下痛が強く、全身倦怠感もあるという。腫脹部には波動を触知しない。開口量は15o、体温は37.9℃であった。初診時の顔貌写真とエックス線写真を示す。検査の結果、白血球数は 11,000/μl と上昇していた。
下顎左側智歯周囲炎と診断し、抗菌薬を投与することにした。抗菌薬の選択に際し、考慮すべき菌種はどれか。 公開問題-図
A. Enterococcus
B. Fusobacterium
C. Lactobacillus
D. Staphylococcus
E. Streptococcus
  正答 E


 

Copyright(C) Common Achievement Tests Organization (CATO) All rights reserved. 
本サイト内に記載されているコンテンツの無断転載は固くお断りいたします。

 

共用試験ナビ
共用試験の概要
  共用試験の概要
  共用試験の実施
  導入の経緯
  CATO設立趣旨
CBTの概要
  形式と内容
  成績返却フォーマット例
医学系CBT
  トライアルのまとめ
  2006年度全国成績
(概要)
  CBT公開問題
歯学系CBT
  トライアルのまとめ
  2006年度全国成績
(概要)
  CBT公開問題
OSCEの概要
医学系OSCE
  トライアルの目的と実施状況
  最終トライアルと2006年度全国成績(概要)
  診療参加型臨床実習に参加する学生に必要とされる技能と態度に関する学習・評価項目−第1版
  診療参加型臨床実習に参加する学生に必要とされる技能と態度に関する学習・評価項目−第2版
歯学系OSCE
  トライアルの目的と実施状況
  最終トライアルと2006年度全国成績(概要)
  課題と学習目標
共用試験に関する遵守事項と注意事項
役員・委員会名簿
  役員等
  委員会等
  委員名簿(医学系)
>以前の内容はこちら
  委員名簿(歯学系)
>以前の内容はこちら
  委員名簿(共通)