共用試験ナビ-年度一覧 > 第4版 共用試験の概要 > 医学系OSCE-最終トライアルと2006年度全国成績(概要)  
 
医学系OSCE-最終トライアルと2006年全国成績
 
医学系

■医学系OSCE最終トライアルの全国成績
  • 項目別評価
    各ステーションの課題について、患者さんへの配慮と診察技能に分けて評価した得点(%)と、さらに両者を加算合計した項目別加算得点(%)を出します。
  • 概略評価
    各ステーションの課題を学生が実施したプロセス全体を評価した得点です。1〜6の6段階で評価します(1が最低、6が最高)。
  • 解析対象となった全国6,832人の学生の結果を示してあります。
    患者さんへの配慮の得点がもっとも高く(94.0%)、診察技能はやや低く(77.7%)、両者の加算得点は81.2%、概略評価の平均は4.6ポイントです。

 

 

 

■2006年度医学系 OSCE(第1回正式実施)の全国成績
  • 項目別評価
    各ステーションの課題について、患者さんへの配慮と診察技能(診察のテクニック)に分けて評価した得点(%)と、さらに両者を加算合計した項目別加算得点(総得点%)を出します。
  • 概略評価
    各ステーションの課題を学生が実施したプロセス全体を評価した得点です。1〜6の6段階で評価します(1が最低、6が最高)
  • 解析対象となった全国7,433人の学生の結果(総得点等)を示してあります。
    患者さんへの配慮の得点がもっとも高く(93.5%)、診察技能はやや低く(81.9%)、両者の項目別加算得点(総得点)は82.9%、概略評価の平均は4.37ポイントです。
総得点 患者さんへの配慮
診療技能 概略評価
解析対象者数=7,433人

■全国成績のまとめ
全国成績のまとめ

■概略評価と項目別加算得点(総得点)の相関
  (解析可能な7,433人のデータから)
概略評価と項目別加算得点(総得点)の相関

■概略評価と項目別加算得点(総得点)の相関図
 

Copyright(C) Common Achievement Tests Organization (CATO) All rights reserved. 
本サイト内に記載されているコンテンツの無断転載は固くお断りいたします。

 

共用試験ナビ
共用試験の概要
  共用試験の概要
  共用試験の実施
  導入の経緯
  CATO設立趣旨
CBTの概要
  形式と内容
  成績返却フォーマット例
医学系CBT
  トライアルのまとめ
  2006年度全国成績
(概要)
  CBT公開問題
歯学系CBT
  トライアルのまとめ
  2006年度全国成績
(概要)
  CBT公開問題
OSCEの概要
医学系OSCE
  トライアルの目的と実施状況
  最終トライアルと2006年度全国成績(概要)
  診療参加型臨床実習に参加する学生に必要とされる技能と態度に関する学習・評価項目−第1版
  診療参加型臨床実習に参加する学生に必要とされる技能と態度に関する学習・評価項目−第2版
歯学系OSCE
  トライアルの目的と実施状況
  最終トライアルと2006年度全国成績(概要)
  課題と学習目標
共用試験に関する遵守事項と注意事項
役員・委員会名簿
  役員等
  委員会等
  委員名簿(医学系)
>以前の内容はこちら
  委員名簿(歯学系)
>以前の内容はこちら
  委員名簿(共通)