共用試験OSCE資料

OSCE Document

医学系OSCEサンプル課題

共用試験OSCE課題 - 医療面接 -

患者 : 田中 花子さん 50歳 女性

ここは午前中の総合外来で、あなたは臨床実習の学生です。田中さんは初めて外来を受診されました。
下記の項目(●)の医療面接を行ってください。

制限時間は10分間です。

  • 導入:オープニング
  • 良好なコミュニケーション
  • 医学的情報を聞く
  • 心理・社会的情報を聞く
  • 締めくくり

※順序立った、流れに沿った円滑な医療面接を心がけること。
※必要に応じてメモを取ってもよい。メモは、面接終了後回収するので、持ち出さないこと。
※実技開始前に、患者さんと自分の椅子を適切な位置と向きに設置してもよい。

共用試験OSCE課題 - 頭頸部診察 -

患者 : 佐藤 太郎さん 22歳 男性

主訴は、手のふるえです。
下記の項目(●)の頭頸部診察を行ってください。

制限時間は5分間です。

  • 頭皮・頭蓋
  • 眼(・・・、・・・)
  • ・・・・
  • ・・・・

※診察所見を述べる必要はありません。

共用試験OSCE課題 - 胸部診察 -

患者 : 佐藤 太郎さん 56歳 男性

主訴は、労作時の息切れです。
座位で下記の項目(●)の診察を行ってください。

制限時間は5分間です。

  • 心臓
    • 視診 (所見を述べてください。)

共用試験OSCE課題 - バイタルサイン測定 -

患者 : 佐藤 太郎さん 56歳 男性

座位で下記の項目(●)の診察を行ってください。

制限時間は5分間です。

  • ・・・の測定
  • ・・・動脈の触診
  • ・・・の血圧測定

※所見と測定値を評価者に述べてください。

共用試験OSCE課題 - 腹部診察 -

患者 : 佐藤 太郎さん 50歳 男性

主訴は、心窩部痛、タール便です。
下記の項目(●)の診察を行ってください。

制限時間は5分間です。

  • 腹部の視診
  • ・・・・の聴診
  • ・・・・の打診
  • ・・・・の触診
  • ・・・・の叩打診
  • ・・・・の確認

※視診は所見を述べながら行ってください。
※視診以外は所見を評価者に述べる必要はありません。

共用試験OSCE課題 - 神経診察 -

患者 : 佐藤 花子さん 46歳 女性

佐藤さんは、突然の頭痛を訴えて来院しました。

下記の項目(●)の神経診察を行ってください。

制限時間は5分間です。

  • ・・・・反射
  • ・・・・の腱反射
  • ・・・・反射
  • ・・・・徴候

※所見を評価者に述べる必要はありません。

共用試験OSCE課題 - 外科系基本手技 -

ここは病棟です。
これから処置の介助をするために、病棟手洗いをして、手袋を装着します。

下記の項目(●)を行ってください。

制限時間は5分間です。

  • 流水手洗い(蛍光判定を行います)
  • 滅菌手袋の装着
  • 手袋廃棄(処置が済んだとして)
  • 処置後、アルコール消毒薬で手指消毒

※3分以内に手洗いが終了していない場合は評価者が次に進むように指示します。

共用試験OSCE課題 - 救急 -

患者:氏名不詳 10歳ぐらい 女児

ここは病院の売店の前です。 目の前で10歳ぐらいの女児が倒れました。

人形(シミュレーター)をその女児とみなして、下記項目(●)の処置を行ってください。

制限時間は5分間です。

  • 救急蘇生法

※評価者から伝えられる状況設定や指示に従って処置を進めてください。
患者さんの所見は評価者が告げます。
※評価者が病院職員役、医師役をします。
※あなたはポケットフェイスマスクまたはフェイスシールドと手袋を持っています。

CBT Workbook

共用試験のCBT公開問題集をご覧いただけます。

OSCE Document

OSCEの受験生に必要な学習や評価項目についてご覧いただけます。

About Organization

医療系大学間共用試験実施評価機構についてご紹介します。

CATO Report

出版物、報告書、プレスリリースについてご覧いただけます。